数十年ぶりの再会、になりそうだった出来事

先日、オンラインの研修会に参加しました。他大学からの参加者もいる、オンラインツールの取り扱い方について説明でした。一通り説明が終わったところで質問タイムとなり、数人からの質問への回答がなされていました。質問はチャットのように文字で打ちこむ形式で、質問内容と質問者の名前が表示されていました。質問内容にだけに気を取られていたので、誰が質問しているのか見ていませんでした。ふと見覚えのある名前が目に入りました。それほど珍しい名前とは言えないので、人違いかもしれないと思いつつ、こちらから個別に質問者にはメッセージ送信できないので、私も何か質問して名前を表示して、アピールするしかない、とあわてて質問を考えようとしましたが、そもそも思い浮かばない質問をすぐにひねり出すこともできず、私の意図をまるで見透かしたように説明会は終了しました。

見覚えがあった名前は、私が大学1年生の頃入っていた部活の仲間のものでした。夏休みの暑い最中、冷房もない体育館の中で汗を流しながら特訓を受けたり、新入部員だけの競技会や他大学との合同の競技会にも参加したりした仲間でした。いつも穏やかに話す姿勢に、こんなにしっかりと自分の考えを穏やかに話す人もいるのだ、と憧れの眼差しで見ていました。彼とは学部も違っていて、おまけに私が途中で部活を辞めたので、それからは、毎日のように会うことはなくなりました。それでも、とても印象に強く残っている学生時代の一人でした。

もう一人、この同じ部活で、年賀状のやり取りをしていて、ある時から連絡が途絶えていた仲間を、つい最近、テレビのニュース番組で偶然目にしました。彼は、最初に就職していた大学から別の大学に移っていて、そこで研究していることが注目され、ニュースに取り上げられていました。同じく暑い夏を共にした仲間で、いつも熱い思いを語っていて、そのエネルギーに刺激されていました。私の就職が決まった頃に彼も就職が決まり、飲みに出かけたことなど懐かしく思い出されました。

私の大学生活の最初の1年目に出会った二人ですが、それまで付き合っていた地元の仲間たちとは、タイプのかなり違うところもあり、とても印象に残っています。自分自身が関心を持っていることを学ぶことだけではなく、大学以前の学校生活とはかなり違うタイプの人と出会う可能性が広がることも、大学生活の面白さの一つだと私は考えています。とはいえ、誰かと出会うことは、いつもいいことばかりではありませんし、続いていく仲間関係も、何かのきっかけで別れる関係も、時間が経つうちに消えていく仲間関係もあります。お互いの関係次第のことですし、仲が良くなればなるほどにぶつかりあうこともありますし、自分の思いおどりにはならないのが人間関係だと思います。

すでに来年度に向けての入試が本学でも始まっています。これから入学してくる大学生にとっても、すでに入学している大学生にとっても、意義深い人間関係を作っていくことができることを願っています。

ところで、明日、2022年10月3日から後期の講義が始まります。それなのに、明日の講義の資料をまだアップしていないことに今、気づきました。「人間関係が大切なことは十分わかっていますから、それより講義資料を早くアップしてください。講義の予習ができません!」と学生のぼやきが聞こえてきそうなので、今日はこのあたりで失礼します。