生活アンケートFITに関するページ

FITの特徴

  •  山口県では,これまで 「中学校生活に対する期待と不安の調査 (Expectation and Anxiety for Junior High School Life Assessment in Yamaguchi ; EASY) 」をここ数年継続的に行ってきました。生活アンケートFITは,EASYを改訂し,しっかりとした理論背景を持ち,無料で,簡単に実施/分析できること,を目標に作られたアンケート調査です。
  •  生活アンケートFITは,中学生の期待,不安,学校との関わりについて,「友人関係」「社交性」「安心感」「学業・進路について」「家族との関係」「教師との関係」「生活満足」の7つの側面について多角的にアプローチします。

特徴

  • A4用紙1枚,25問でできる大変簡便化された調査です。
  • 項目・質問紙はどなたでも自由に複製し、何度でも無料でご利用いただけます。
  • 項目に対する回答から,上記7つの側面において,それぞれの得点を算出し,学年とクラスの中での点数の分布が一目でわかるようにプロットすることができます。
  • 結果の算出にあたっては,項目反応理論の一種で段階反応モデルを採用しています。7000人以上の予備調査の結果から推定された項目母数をもとに被験者母数を推定しています。
  • 運用にあたっては専門的ソフトウェアは必要ありません。配布用Excelファイルの中に計算されたデータが入っていますので,Excelが実行できる環境であれば結果を得ることが出来ます。必要な作業は,自分のデータを入力するだけで,入力が終わると自動的に生徒の状態を学年別,学級別にグラフが作成されます。
  • 配布用Excelファイルの入手,または利用にあたっての研修会講師派遣については,下記連絡先までお問い合わせください。

配布用Excelファイル・スクリーンショット

その1(調査票)その2(データ入力画面)その3(数値出力画面)その4(学級別プロット画面)その5(学年別プロット画面)

研修について

  • FITのご利用に際しては,「生徒のレッテル張りにつかわない」「不登校になる生徒の予測に使えるわけではない」「包括的アプローチについての理解」など,いくつかのキーポイントを押さえておく必要があります。
  • 使い方については、調査票単体での,調査のための利用ではなく,包括的アプローチの実践として全学的取り組みの一環としてのご利用をお願いしております。
  • 以下の研修用資料もぜひご覧ください。または利用にあたっての研修会講師派遣については下記連絡先までお問い合わせください。

研修資料

  • 研修のための講師派遣については,下記連絡先までお問い合わせください。

よくあるお問い合わせとお願い

  • 小学校版FITはないのですか?とのお問い合わせをよくいただきます。データの蓄積があれば可能になりますので,学校での実践事例(データ)をお知らせ下さい。
  • 中学生版や高校生版も,データを蓄積・更新することで,Up to dateなものにFITを成長させていくことが可能です。
  • 新しいデータをお持ちの方は,是非下記連絡先までご連絡ください。

関連リンク

連絡先;FITに関する問い合わせ窓口

山口大学教育学部 教育心理学コース

准教授 小杉 考司(kosugi at yamaguch-u.ac.jp)

Special Thanks;FITの開発・公開にあたっては科学研究費補助金(基盤研究C;研究課題番号:22530706「効果的介入を目的とした不登校問題への包括的アプローチ」)の助成を得ています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。