学校臨床心理学専修

今日の学校や家庭など教育の場面では、いじめや不登校など、適応上の困難を示す児童生徒も多く、また学校崩壊などの現象もみられるようになり、専門的な 「心」のケアが強く求められています。多くの教育場面で生じている心の問題に対応できる、専門性豊かな優れた人材の育成を目指しています。また本専修で は、臨床心理士養成第1種指定の大学院に認定され、必要単位を履修して修了すると「臨床心理士」試験の受験資格が与えられます。また、「学校心理士」資格 取得のためのカリキュラムも準備されています。
本専修は臨床心理士養成の第一種指定校です。それゆえに臨床実習を重視しています。実習機関は山口大学医学部、まきはら病院、精神保健福祉センターなど です。また臨床心理センターの研究協力員として主に子どものセラピーにも当たり、教員からスーパーバイズを受けな がら実践力を養います。

詳しくは学校臨床心理学専修のサイトをご覧ください。