年賀状:大森一樹監督のこと

 大晦日になって年賀状を書いています。昨年は、ちょっと早めに書いたので、元日には届けられたかと思います。ところが、今年は、よりによって年末に喉が痛みだし、もしや、と検査を受けたらありふれた風邪だとわかり、それなのに、やたらと体力を消耗してしまい、年賀状を書くのが億劫になって、さあ、最後の1日だから、と今になったのです。「風邪を言い訳にしているだけじゃないですか?コラムなんか書くより年賀状書いたが方がよくないですか?」とゼミの学生から指摘されそうですが・・・。

 去年の年賀状を引っ張り出し、宛名書きをと思いつつ、つい読み耽ってしまいます。今年他界された大森一樹監督からいただいた年賀状も出てきました。万年筆で書かれたとてもダイナミックな青い文字で、文字を見るだけでも大森監督からの年賀状だとわかります。大森監督にお会いしたのは、とあるコンサートの打ち上げの席でした。ご挨拶させていただいて、その後も同じコンサートの打ち上げで何度かお目にかかったのですが、その席で、私がSMAPのファンでライブにいつも行っているという話をした時に、誰のファンなのかをきかれて、SMAPの中では木村拓哉さんに関心があるけれど、俳優としては草彅剛さんだという話をしたら、『最近の草彅くんはどう?』とさらに尋ねられたこと思い出します。監督の映画『シュート!』(1994年の作品)には、「6人」のSMAPメンバーが高校のサッカー部員の役で出演していますが、ご自身の監督作の出演者が、その後の作品でどんなふうに観客から見られているのかに、監督は関心を持っていらっしゃるのだと感じながら話したことを思い出します。大阪芸術大学の教員もされていたので、人を育てること、人が育っていくことに関心を持っていらっしゃったのだと思うのですが、監督作の中にも、医学生の成長物語である『ヒポクラテスたち』(1980年)や、百年続く家業の食堂を引き継ぐのか葛藤する青年が主人公の『津軽百年食堂』(2011年)など、青年期の葛藤を描いたものがあります。青年期の葛藤を描いた作品と表現すると、ひとくくりにしてしまっているようで味がありませんが、日々の生活の中で苦悩しながら、自分自身がどのように生きていくのかを見出していく姿を描いた作品で、このような青年の苦悩と成長にも関心を持っていらっしゃったのではないかと改めて感じます。

 こんなことを書いている私も、人を育てる大学という場で仕事をしているわけですが、専門分野の実践では、臨床心理面接という場で、苦悩を抱いて来談される方々と臨床心理士としてお会いしています。何度もお会いして話を伺っていくうちに、人生の物語は、映画以上だと感じられることもありますし、まるで映画のようだと感じられるほどに、さまざまな苦難の中を何とか生き抜いて、今、私の目の前にいらっしゃっているのだと感じられることもあります。面接場面に来談される方々のさまざまな人生の物語を理解するために、映画は私の世界を少しだけ広げておいてくれます。

 大森一樹監督のご冥福を心よりお祈りします。

2022年12月31日

                        恒吉徹三