オープンキャンパスへのご参加、ありがとうございました

昨日、2022年8月6日、オープンキャンパスが無事に終了致しました。当日は、30度を超える気温の中、また講義室内も換気をしながらの実施となり、暑い中でご参加いただきましたこと、参加者の皆様にお礼申し上げます。プログラムの最後に予定しておりましたキャンパスツアーは、それ以前のプログラムの時間が延びたことで、2部とも希望者のみの実施となりましたこと、加えて、新型コロナウイルス感染症への感染予防の観点から、参加人数を制限しての開催となりましたことをお詫び申し上げます。

オープンキャンパスでは、教室企画を『心理学:知覚と無意識と』のテーマで開催しました。心理学教室での4年間、各学年での学びの概要について、つまり、教職概論をはじめとする教職科目を学び、附属学校や県内の公立学校での教育実習にも出向きつつ、並行して、心理学実験や心理学統計法など心理学の基礎を学び、2年次からはゼミに別れて各指導教員のもとでより専門的に心理学を学び、最後は卒業論文を書いて、履修すべき科目(卒業要件となっている科目)を全て修得することで、小学校教諭一種の免許状を取得して卒業できる選修であることについて説明を行いました。その後、2つの模擬授業を行いました。認知や知覚の領域を専門とする心理学の教員が、来場者の皆様にもその場でちょっとした実験に参加してもらうことで、記憶の特徴について体験を通して理解していただく講義を行いました。次に、臨床心理学の専門の教員が、無意識について精神分析学(力動的アプローチ)の立場から、日常生活でのちょっとした「言い間違うこと」や「何かをし損なうこと」(失錯行為)が、無意識の願望の表現(いわば本音)である可能性などについて講義を行いました。このような企画を通して、少しでも当選修の教育や教育学部での教員養成や本学の大学教育の一端についてご理解いただく機会となりましたら幸いです。

*http://edu.yamaguchi-u.ac.jp/prospective/prospective_license/prospective_license.html

なお、心理学だけを学びたい!という時には心理学だけを専門的に学ぶことができる大学への進学をおすすめします。また、教職に関わることだけを学びたい!という時には当小学校教育コースの小学校総合選修をおすすめします。何より、心理学と教職について学びたい!という方には当選修をおすすめします。ただし、公認心理師の受験資格は得られませんのでご注意ください。

入試に関する情報につきましては本学のウェブサイト**でご確認ください。

**http://www.yamaguchi-u.ac.jp/admission.html

強烈な暑さ続く毎日ですが、大学受験に向けて日々勉強に取り組んでいらっしゃる皆様とその周囲で支えていらっしゃる皆様のご健康をこころよりお祈りいたします。