卒業おめでとうございます。これからは,社会にもより広く目を向けながら生きてください。

2022年3月23日水曜日,本学の卒業式が今年は午前と午後の2部制で執り行われます。

卒業生・修了生の皆様,おめでとうございます。学生たちを見守ってくださった地域の皆様にも感謝申し上げます。

このところは春休みで,また学生控室は利用制限されていることもあって,いつも以上に学生の姿が少なくなっていました。ところが今日は,スーツや羽織袴姿の学生たちを目にします。自転車置き場で立ち話をしていたり,花束をもらった学生の一人が,講義室の前で記念撮影をしていたり,キャンパスの並木道を背景に鮮やかな色合いの振袖姿の学生が自撮りしていたり。学生のいるキャンパスは,生き生きとしているように感じます。そして,学生がいるからこそ大学,という当たり前のことが妙に新鮮に感じられます。

当教室からも学部の卒業生が,教育現場,企業,大学院などなど,それぞれの道へと一歩踏み出していきます。4年前は,大学のキャンパスの中でも妙に浮いて見えていましたが,4年も経つと,すっかり溶け込んで見えます。「もっと心理学を学びたかった」と4年間を振り返っての感想を述べた学生がいました。確かに,4年間で教職科目を学び,教育実習に出向き,そして,心理学も学ぶとなるとまだまだ時間は足りないという実感はもっともです。けれど,この学び足りない気持ちは,これからの学びの後押しにもなりますから,ぜひ,卒業後は,自分で学びたいことをさらに学び続けてほしいと思っています。

それに,心は,心だけがぽつんと宙に浮いて存在しているわけでもありませんから,日々食べるものがあること,住む場所があること,何より社会全体が安定していることはとても重要なことだと考えられます。けれど,世界の状況を見ても,何より日本では7人に一人の子どもが貧困状態にあることを考えても,実はそれほど当たり前のことではないことが,より明らかになっている状況だと思います。小児科医で精神分析家のウィニコットは,心の内側(無意識)を重視する学問体系の中で,外的な環境の重要性も指摘しました。ウィニコットの生きた時代は戦争の最中の時期もあったことから,環境そのものが破壊されていて,人が生きる環境のことがよりいっそう重要であったことにもよるのだと思います。自然環境の問題も解消されないままですし,次世代を育てる人を育てる学部を卒業するわけですから,様々な側面における環境問題について考えることは,なおさら期待されることだと思います。

これからは,社会で生きる一人として,専門性をさらに深めるためにも学ぶことで,よりいっそう社会という外的な環境にも目を向けていってください。そして,ウィニコットが大切にしたのは,内と外だけではなく,より中間的な領域・空間です。「内と外と『その間』」と表現されますが,この中間領域も楽しみながら日々送ってください。私にとってこの中間領域にあるものの一つは映画をみることです。『猫は逃げた』,『この日々が凪いだら』,『中村屋酒店の兄弟』,『愛なのに』とタイトルを見ただけなのに,みたいと思っている映画が目白押しの3月。さて,どの映画からみることにしましょうか。

卒業生の皆さんのこれからも続く物語が,山あり谷あり,時には停滞があったとしても,最後は(そこそこの)ハッピーエンドであることを願っています。