附属臨床心理センターからのお知らせ(面接休止期間の延長)

附属臨床心理センター来談者の皆様へ

日頃より当センターをご利用いただき、また運営へのご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。

さて、当センターでは、新型コロナウイルスへの感染予防の観点から2020年3月9日(月)より2020年5月8日(金)までの期間、面接を全面休止しておりました。現段階では、緊急事態宣言は継続中の状態にあり、また、本学でも学生への入構規制や教職員の県外からの通勤禁止を継続して感染予防に努めている状況でございます。

そこで、面接休止期間を、2020531日(日)まで延長することを決定いたしましたのでご報告いたします。面接休止期間がすでに2か月となり、来談者の皆様にはご負担をおかけする期間が長引いておりますことを、こころよりお詫び申し上げます。何卒、ご理解のほどお願い申し上げます。

2020年5月8日

山口大学大学院教育学研究科
附属臨床心理センター長
恒吉 徹三

1.面接休止の延長日程:

 2020年5月9日(土)より2020年5月31日(日)まで面接を休止いたします。

2.面接休止期間延長の根拠:

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長され、各地で外出自粛の要請が継続されていること、また、本学においては学生の入構規制や、県外からの教職員の通勤を禁止して感染予防に努めている状況です。このような状況から感染予防を第一と考えてさらに面接休止期間を延長することにいたしました。

3.来談者のみなさまへの面接休止期間延長についての当センターからの連絡方法:

 ①2020年3月9日以降の面接休止について、当センターから連絡させていただいた来談者の皆様には、面接担当者または受付担当者より電話連絡いたします。大変恐縮でございますが、電話連絡が行きわたるまでに10日間程度の時間を要する可能性もございます。今しばらくお待ちください。

 ②当センターからこれまで面接休止等を連絡した際、感染が収まるまで来談者ご自身の判断で来談を控えたい、と申し出のあった方には、大変恐縮ですが今回も電話連絡いたしません。来談できると判断された時点で受付までご連絡ください。なお、不安が強まった時には受付宛に電話にてご連絡ください。

4. 2020年6月1日(月)以降の面接について

 面接再開が可能か、さらに面接休止が必要となるかにつきましては、山口県だけでなく、広島県や福岡県など隣県の緊急事態宣言の解除や、本学構内への学生や教職員の入構規制の状況なども踏まえて、2020年6月1日(月)に、お知らせする予定です。

5.面接休止期間中に不安等が強まったときの対応について

 面接休止期間に不安等が強まって面接担当者と話をする必要があると考えられた時には、当センター受付まで電話でご連絡のうえ、受付担当者に伝言してください。すぐに折り返しできない場合も多々ございますが、面接担当者より折り返しいたします。面接担当者から折り返しできない場合、受付担当者を通して電話で連絡いたします。

6.新規の相談受付開始日程について:

 面接休止期間の延長に伴いまして、新規相談受付開始も延期し、2020年7月1日(水)より、再開予定としております。しかし、感染状況次第では面接休止期間も延長いたしますので、同時に新規相談受付もさらに先の日程での再開となります。何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。再開日程につきましては、お手数ですが、今後とも当センターのホームページにて情報を確認願います。

以  上