附属臨床心理センターからのお知らせ(面接休止期間の延長)

附属臨床心理センター来談者の皆様へ

日頃より当センターをご利用いただき、また運営へのご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。また、ご報告が予定より遅れましたこと、お詫び申し上げます。

さて、当センターでは、新型コロナウイルスへの感染予防の観点から2020年3月9日(月)より3月31日(火)までの期間、面接を全面休止しておりました。この間、県内外の感染情報も踏まえながら面接再開に向けて、感染予防対策の強化について検討しておりました。しかしながら、今後の感染状況がどのように変化するのか判断することは困難であり、感染予防を第一に考えて面接休止期間を、2020年5月8日(金)まで延長することを決定いたしました。面接休止期間を延長することにより、来談者の皆様にはさらにご負担をおかけいたします。お詫び申し上げますとともに、ご理解のほどお願い申し上げます。

2020年4月2日

山口大学大学院教育学研究科
附属臨床心理センター長
恒吉 徹三

1.面接休止の延長日程:
2020年4月1日(水)より5月8日(金)まで面接を休止いたします。

2.面接休止期間延長の根拠:
面接休止期間中に、感染予防策も考えられるものを検討いたしました。イスとイスの距離を2m程度確保するよう配置し、換気扇も通常通り作動させて窓を2か所10㎝程度開け、暖房をつけて室温測定するなど、面接再開の可能性についても検討しておりました。ところが、新型コロナウイルスの感染報告が各地で増加しており、各地で外出自粛の要請も出ていることもあり、現在の段階では、今後の感染状況がどのように変化するかについて判断できないため、感染予防を第一と考えて休止期間を延長することとにいたしました。

3.来談者の皆様への面接休止期間延長についての当センターからの連絡方法:
2020年4月1日以降に面接予約をされている来談者の方につきましては、面接担当者または当センタースタッフより予約日程の早い方から順次連絡いたします。大変恐縮でございますが、現在予約中の方に連絡が行きわたるまで10日ほどを要する可能性もございます。今しばらくお待ちください。

②当センターよりすでに面接休止の連絡をさせていただいた来談者の皆様にも、順次面接休止期間の延長について、面接担当者より連絡いたします。来談者の皆様に連絡が行きわたるまで2週間程度の時間はかかるものと想定しております。大変恐縮でございますが、連絡いたしますまで今しばらくお待ちください。なお、当センターから面接休止の連絡をしたにもかかわらず、2020年4月30日(木)までに面接担当者からの連絡がない場合、お手数ですが受付まで電話での連絡をお願いします。

③当センターから面接休止等を連絡した際、感染が収まるまで来談者ご自身の判断で来談を控えたい、と申し出のあった方には電話いたしません。来談できると判断された時点で受付まで電話での連絡をお願いします。

4. 2020年5月11日(月)以降の面接について:
面接再開が可能か、さらに面接休止が必要となるかにつきましては、当センターホームページ上にて、2020年5月8日(金)または2020年5月11日(月)にお知らせいたします。

5.面接休止期間中に不安等が強まったときの対応について:
面接休止期間がすでにひと月ほどになっております。そこで、不安等が強まって面接担当者との連絡が必要だと考えられた時には、当センター受付までご連絡ください。すぐに折り返しできない場合も多々ございますのでご了承ください。なお、受付業務も休止しておりますので、お手数ですが留守番電話に以下の点についてメッセージを残してください。

  1. 氏名(フルネーム)
  2. 面接担当者名
  3. 用件
  4. 連絡先
  5. 受付番号(確認できる場合のみ、面接券の「No」の部分に記載された数字もメッセージに残してください。確認できない場合、受付番号はなくてもかまいません)

6.新規の相談受付開始日程について:
2020年6月1日(月)より新規の相談受付を再開予定としております。しかし、感染状況次第では面接休止期間も延期いたしますので、新規の受付もさらに先の日程となります。お手数ですが、当センターのホームページの情報をご確認願います。

以上