附属臨床心理センターでの新型コロナウイルス感染予防のための対応について

2020年3月2日

附属臨床心理センター来談者の皆様へ

日頃より当センターをご利用いただき、また運営へのご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。

さて、当センターでは、現在のところ可能な範囲での新型コロナウイルスへの感染予防対策(従事者の手洗い励行、面接室の換気、来談者の方の希望がある場合の面接時のマスク着用)を講じながら、通常通り業務を行っております。来学をされる際は、手洗いを励行され、必要に応じてマスクを着用されますようお願いいたします。

しかしながら、新型コロナウイルスへの感染への不安から、来談予約の延期を希望される場合には、予約を延期いたしますので受付までご連絡ください。また、体調不良などの場合は、無理な来談をなさらないようお願い申し上げます。

当面は下記の通り対応いたしますので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、対応に変更が生じました場合には、当ホームページにてお知らせするとともに、来談予約のある方々には受付より個別にご連絡致します。

みなさまのご健康をお祈りいたします。

2020年3月2日

附属臨床心理センター長
恒吉 徹三

  1. 2020年3月2日(火)より3月13日(金)までの期間は、追加の面接予約は原則行いません。
  2. 2020年3月2日(火)より3月13日(金)までの期間に予約をされている方々には、受付または担当者よりご連絡し、新型コロナウイルス感染への懸念による来談延期の希望の有無について確認いたします。来談の延期を希望される場合は、日程調整いたします。
  3. 2020年3月16日(月)以降の面接予約は現段階では実施予定です。それでも、来談に不安がある場合には予約日程を調整いたしますので、お気兼ねなく受付にご連絡下さい。
  4. 2020年3月2日(火)より3月13日(金)までの期間に面接予約を追加しないという原則の対象外となるのは、ご本人および保護者が来談を強く希望される場合や、3月末までに面接が終結予定の場合や、面接担当者の異動により担当者の変更が必要な場合などです(心理面接では、来談者の意向を尊重します。また、面接の終結や担当者の交代には、来談者の方々の不安が当然生じます。そこで、この不安を軽減しながら、これまで築いてきた関係を新たな担当者との関係へと築きなおすための作業や、これまでの面接過程を振り返ってまとめる作業も行っております。このような重要な時期であるため原則から除外します。それでも、来談にご不安のある場合は個別に担当者にお申し出ください)。

以上

備考

当センターの新型コロナウイルス感染の予防対策について

  • 受付ならびに面接従事者の手洗い励行に努めております。
  • 面接室の換気に努めております。
  • 空気清浄機(加湿器つき)を設置している2室では、業務時間中は空気清浄機を稼働させております。
  • 受付担当者および面接担当者も必要に応じてマスクを着用いたします。
  • 来談者の方々は、面接中におきましてもマスク着用のままでかまいません。

(2020年3月2日決定,2020年3月3日公開)

(2020年3月6日追記) 2020年3月中の面接を休止することになりました。詳しくはこちらをご覧ください。